SHIPS any, anytime.

いつも着ていたい、SHIPS anyの服
いつでも、どこでも、誰にでも似合う服。
SHIPS anyの目指す「いつも着ていたい服」って例えばどういうもの?
16人の目利きが、いつもそばにあるAnytimeな服を語ります。
目利きならではの審美眼や着眼点は、
定番スタイルを探している方の参考になることでしょう。

06
シンプルなワンピース

selected by
作家木村綾子さん
  • 文筆業をはじめとし、ブックディレクション、イベントプランニングなど、本に関わる活動をしている作家の木村綾子さん。本の仕事をする前に読者モデルやタレント活動をしていた木村さんは、トライ&エラーを繰り返して、今のファッションスタイルを確立したといいます。
    「地元の静岡にいた高校生までは、限られたお店でしか買えない洋服で自分をどう表現するかを模索し、目立ちすぎと言われたこともありました(笑)。その後上京して読者モデルを始めたのですが、ほかのモデルと同じ洋服を着て誌面に並んだときに、“あ、私よりあの子の方が似合っているな”と思うことがあって。自己主張に溺れないよう、自分に似合う服を選ばないといけないと思ったんです。いろいろ試した結果、元から好きだったシンプルなアイテムを着方や小物で個性を出すスタイルになっていきました。
  • そんな中、昔からずっと着ていたのがワンピース。私は身長が低いので、デザイン性が高い洋服だとシルエットが崩れたり、服に着られている感が出てしまったりして……。でもワンピースはどんな体型にも合うので失敗がなく、何十枚も持っています。選ぶ際は手首や首元、足首など、女性の華奢な部分が見える物を買うようにしています。ワンピースは一枚あるとフォーマルにもカジュアルにも着られるし、タートルやパンツを合わせるとコーディネートの幅も広がるアイテム。サラッと着られるので部屋着もワンピースだし、あるのが当たり前の、欠かせない存在です」。
    木村さんが「ベルトで丈を上げて、鮮やかな色のパキっとしたパンツと合わせたい!」と語るのは、〈SHIPS any〉のスキッパーワンピース。ロング丈で一枚でも上品に着られて、インナー次第で印象が変わる一着です。
深めにデザインされたキーネックで、シンプルながら、
一枚で上品な着こなしが完成するワンピースです。
木村綾子 Twitter: @kimura_ayako

中央大学大学院にて太宰治を研究し、文学修士課程修了。現在は文筆業の他、本にまつわる企画と制作を手掛けている。近著に『太宰治のお伽草紙』(源)。

袖ぐりを大きくとったドルマンスリーブ。
肩まわりのシルエットをきれいに見せてくれます。
anytime

pagetop