SHIPS any, anytime.

いつも着ていたい、SHIPS anyの服
いつでも、どこでも、誰にでも似合う服。
SHIPS anyの目指す「いつも着ていたい服」って例えばどういうもの?
16人の目利きが、いつもそばにあるAnytimeな服を語ります。
目利きならではの審美眼や着眼点は、
定番スタイルを探している方の参考になることでしょう。

11
コットン素材のキャップ

selected by
現代美術作家加賀美健さん
  • 彫刻、絵画、ドローイング、映像など、ジャンルにとらわれず、独自のユーモアに溢れた作品を発表している現代美術作家の加賀美健さん。世界で活躍する加賀美さんの定番アイテムとは?
    「小学生高学年の頃から、映画『E.T.』や『グーニーズ』を観て、映画の中に出ている子と同じようなアメカジファッションをしていました。今でもあまり変わらず、基本はスニーカーにジーンズ、Tシャツやパーカーにキャップといったごく普通のカジュアルファッションで、古着ばかり着ています。小学生から変わらない格好なので、全身定番アイテムみたいな感じですが、毎日必ず身につけているのがキャップです。きっかけは、野球をしていたので坊主頭が恥ずかしかったから。昔は今と違って、坊主頭は圧倒的にモテなかったですからね。坊主頭を隠すためにキャップをかぶり始めました。
  • それから数十年。キャップがないと落ち着かないのでかぶり続け、今では数百個ほど持っています。でも使うのは5個くらいなんですよ。服もキャップも、使い込むほどに味が出て馴染むコットン素材が好きで、新しいものを買っても結局馴染みのボロボロのものばっかり身に着けちゃうんですよね。今一番のお気に入りはアメリカのフリマで100円くらいで手に入れたコットンキャップ。これは色も褪せていてボロボロで、家族にもう捨てたらと言われるけど、手放せないんです。頭にしっくりと馴染むキャップは、自分にとってはカツラみたいなものですから(笑)。ないと恥ずかしくて落ち着かない、それくらい大事な存在です」
    〈SHIPS any〉からのお勧めは、遮熱、接触冷感、紫外線防止など5つの機能を備えた素材「シェルテック」を使用したファンクションキャップ。シンプルなデザインで、幅広いコーディネートで活躍するアイテムです。
“太陽と遊ぶ”というコンセプトのもと誕生した機能素材「SHELTECH(シェルテック)」を採用。コットン64%でかぶり心地もいいうえ、遮熱、接触冷感、紫外線防止(UPF50+)、軽量、吸水速乾機能を備えています。
加賀美健

1974年、東京都生まれ。社会現象や時事問題、カルチャーなどをジョーク的発想に変換し、彫刻、絵画、ドローイング、映像、パフォーマンスなど、メディアを横断して作品を発表。2010年に代官山にオリジナル商品などを扱うお店(それ自体が作品)「ストレンジストア」をオープン。

後ろにはアジャスターが付いているのでサイズ調整ができ、ユニセックスでお使いいただけます。同デザインでキッズサイズも展開中。
anytime

pagetop