anytime

20190120

SHIPS any, anytime.

いつも着ていたい、SHIPS anyの服
いつでも、どこでも、誰にでも似合う服。
SHIPS anyの目指す「いつも着ていたい服」って例えばどういうもの?
16人の目利きが、いつもそばにあるAnytimeな服を語ります。
目利きならではの審美眼や着眼点は、
定番スタイルを探している方の参考になることでしょう。

05
ドローコード付きのパンツ

selected by
映像作家udocorgさん
  • さまざまなファッションブランドのヴィジュアル撮影やキャンペーン動画制作を行う、映像作家のudocorgさん。ときには海や山などでも撮影を行うことがあるカメラマンという職業柄、撮影をするときに着用する仕事着では、長年頼りにしているアイテムがあるそうです。
    「高校生の頃に流行った裏原系の流れから今でもストリートファッションが好きで、普段はエネルギッシュで面白いデザインが多い海外の若手ブランドや、グラフィックや写真がプリントされた服など、カルチャーを感じる服を着ています。でも仕事の日は、写真や動画に自分が写り込まないよう、全身黒を基調としたコーディネートにしています。撮影はとにかくいろいろなところに行くので、動きやすさや着心地の良さ、生地のタフさが一番の選定基準。特に夏場は海や川など水場に行くことも多く、裾が上げられ
  • るドローコード付きのパンツは手放せないアイテムです。ただ着心地がいいからといってダボッとしたものを選ぶのではなく、あくまでも“仕事”着なので、だらしなく見えない、きれいめなシルエットのものを選ぶようにしています。動きにくいと撮れるものも限られるし、服のストレスがあるかないかで作品のクオリティが左右されると言っても過言ではありません。きちんと見えるのに着心地が良くてタフ。そんな頼れるドローコード付きパンツを、これからもはき続けたいと思います」。
    〈SHIPS any〉で展開しているドローコード付きパンツは、〈GRAMICCI〉とのコラボレーションで誕生した一着。裾を調節できるのはもちろん、ソフトな感触と軽快なストレッチ素材を採用。トップス次第できれいめな着こなしも叶う、すっきりとしたシルエットが魅力です。
形態回復、ストレッチ性などさまざまな機能を持つ
生地〈SOLOTEX®〉を使用。
やわらかな肌ざわりも大きな魅力です。
udocorg

ファッションブランドのヴィジュアルやキャンペーン動画制作を中心に活動。
2019年、ファッションサイト「SHOWstudio」が主催する「fashion film award」にて、ファッションデザイナー・Simone Rochaによる「BEST LONG FORMAT FILM部門」で優勝した経歴を持つ。

裾のドローコードを絞って、足もとをすっきりと。
アウトドアシーンでも使える機能的な一本です。
anytime

pagetop