ニュース

全日本ジュニア/ユース/マスターズ ライフセービング選手権大会2019(サーフ)にてワークショップを開催

2019.08.28(水)

企業としての取り組み

8月31日(土)・9月1日(日)の2日間、伊豆下田の外浦海岸で行われる全日本ジュニア/ユース/マスターズライフセービング選手権大会にて海ごみのプラスチックを使ったアートを作るワークショップを開催します。


ワークショップ:海ごみを使ってカラフルアートを作ろう! 海でひろったプラスチックのゴミをつかってぬりえのように作っていきます。
気に入った色のゴミを見つけて、接着剤を少し付けて絵の上におくだけ。
みんなの力を合わせて素敵なアートを完成させよう!!

親子一緒にたのしくアートを作りながら、大きな問題になっているプラスチックの海洋ゴミについて考えていくきっかけになればというワークショップです。

日時:2019/8/31(土)・9/1(日) 選手権大会開催時間中
場所:下田市外浦海岸

シップスは今年で24年間下田ライフセービングクラブのサポートを続ける中で下田・南伊豆のビーチクリーンを行ってまいりました。

この長きに渡る活動で遊泳客の皆様約340万人の方々にご協力をいただき、この下田・南伊豆の綺麗なビーチを守り続けてきました。
「ライフセーバーの使命は溺者の救助のみではなく、事故を未然に防ぐことにある。」この未然に防ぐ活動にはゴミを拾って海を綺麗にすることもライフセーバーとして皆でできることの一つと考えます。

このワークショップから海を守ることがとても大切なことであることを伝えていきたいと思っております。



写真提供:公益財団法人日本ライフセービング協会

RECENT NEWS

pagetop