SHIPS any, anywhere.

どこにでもなじむ、SHIPS anyの服
いつでも、どこでも、誰にでも似合う服。
SHIPS anyの目指す「どこにでもなじむ服」ってどういうこと?
SHIPSスタッフ16人がナビする様々なスポットと共に
SHIPS anyのコーディネートを紹介。
それぞれの街の魅力も満載なので、お出かけの参考にも。

11
思い出の場所を in 渋谷

いつか子供と
SHIPS any バイヤー 大森雅代
十年ほど前に、渋谷店に勤めていたという大森さん。当時といまの渋谷では、人も街も様変わりしているが、彼女にとっては時を重ねても、変わらずどこか魅力的に映る街なのだとか。彼女にとって当時から変わったことといえば、3歳になる息子がいつもそばにいること。子供がもう少し大きくなったら、一緒に渋谷をまわりたい。十年前から大好きな喫茶店や、選書のいいお洒落な本屋がある、そんな街。「いつか息子と渋谷を歩いて、私がいまだ知らない街の魅力を、息子が気付かせてくれることがあったら素敵だなと思います」。
SPOT1
奥渋谷から本の魅力を発信
人が集まる街の書店

新刊や話題書から、ほかの書店ではなかなか手に入らないクリエイターのZINEまで、幅広い選書が魅力の〈SPBS本店〉。店内には本だけではなく文房具や雑貨などの生活用品も置いてあり、店内奥には編集オフィスを構える。日頃から育ち盛りの息子に絵本を読み聞かせている大森さんはこの日、森絵都と荒井良二がそれぞれ文と絵を手掛けた『あいうえおさん』をセレクト。「これから絵本がますます好きになる年齢にさしかかると思うので、ゆっくり読んであげたいのと、いつか一緒に本を選びに来たいですね」。

本棚は、各年代の有名建築家の作品をイメージしたものなんです

Today’s Style

一人散歩のときは、お洒落を楽しみながら動きやすい装いで。ドルマンスリーブの可愛らしいブラウスは袖口のシャーリングで袖の長さを調整でき、いろいろな表情を楽しめます。

SPBS本店

東京都渋谷区神山町17-3 テラス神山1F

営業時間 月〜土 11:00‐23:00
日 11:00‐22:00(イベント等により変更あり)
* 最新情報はSPBSのHPやSNSをご確認ください

定休日 不定休

2020年6月11日(木)にビジネスに特化したセレクト本屋〈SPBS TORANOMON〉を、また6月17日(水)には、本屋とカフェとワーキングスペースが一体となったブックラウンジ〈SPBS TOYOSU〉をそれぞれオープン。

SPOT2
渋谷散策の合間に
名物のアイミティーを

SHIPS渋谷店に勤めていた頃、よく来ていたという〈紅茶の店 ケニヤン渋谷店〉。「お気に入りがケニヤン名物のアイミティーとミートドリアで、渋谷に勤めていた頃はよく頼んでいました。ケーキも美味しいので、子供がもう少し大きくなったら一緒に来たいですね」と大森さん。ランチ利用をすることもあれば、時間が無いときはアイミティー(ケニヤンオリジナルミルクティ)だけをテイクアウトすることもあったという。店内はレトロな装飾で彩られ、どこか落ち着いた空間が広がる。全席禁煙で、子供にも優しい喫茶店だ。

アイミティーのホット版、チャイミティーもおすすめ!

Today’s Style

FOOD TEXTILEとSHIPS anyのコラボトートバッグは、肩がけできて軽く容量も大きいので、デイリーに使いやすい。食品廃棄物を原料に染めた、地球に優しいバッグです。

紅茶の店 ケニヤン渋谷店

東京都渋谷区神南1-14-8南部ビル1F

営業時間 11:30〜22:00(L.O 21:30)

定休日 年中無休

Items

anywhere

pagetop