SHIPS any, anyone.

誰にでも似合う、SHIPS anyの服
いつでも、どこでも、誰にでも似合う服。
SHIPS anyの目指す「誰にでも似合う服」ってどんなもの?
バックグラウンドが異なる16人の
「SHIPS anyの私らしい着こなし」を公開。
大人から子どもまで幅広いテイストを紹介するので、
あなたに似た人が登場するかもしれません。

16
いつものキッチンで

シェフパティシエ・後藤裕一さんの場合
1980年、東京都生まれ。国内のレストランでの経験を経て渡仏。ミシュラン三ツ星レストラン〈トロワグロ〉にて、アジア人初となるシェフパティシエとして活躍。帰国後、原太一シェフと共に〈PATH〉を、昨年自身の洋菓子店〈Equal〉をオープン。現在は、カフェやホテルの商品開発やアドバイザーとしても幅広く活躍。
Instagram: yuichi.goto
シンプルで機能的
気持ちよく動ける服装で
人気フレンチ〈PATH〉と洋菓子店〈Equal〉でパティシエとして腕を振るう後藤さん。「厨房ではシンプルなTシャツと、しゃがんだりすることも多いので、ゆとりのあるデニムが定番です。生クリームやバターを扱うため冬場の厨房はとても寒く、袖まくりしやすい長袖のカットソーをよく着ています」。商品開発やアドバイザーなどにも携わる後藤さん。自身の活動の幅を広げることで、パティシエや料理人を目指す若い子たちが、夢を持てるような環境や活躍の場を作っていきたいそう。

POINT 01

SHIPS any別注<LACOSTE>のロンTは、定番のロゴマークが青に。黒と青のコントラストで、胸元のロゴがより引き立つ。

Credit

POINT 02

お店に立つ際、決まって履いているのが黒のVANSのスニーカー。「クッションの柔らかさがちょうどよく疲れにくいのが気に入っていて。何年も同じモデルを履き続けています」。

Credit
スニーカー本人私物

POINT 03

しっかりとした厚めの生地とリブ仕様。「特に火を扱う際など、キッチンに立つ時はしょっちゅう腕まくりをするのでずり落ちにくいリブは助かりますね」と後藤さん。

Credit
いつも使っているワークウェアブラン〈MARU TO〉のエプロンは、〈PATH〉で働いているスタッフがデザインしたものだそう。「正面のスリットで足さばきがよく、スナップボタンでナプキンを取り付けられるなど実用性が高いので重宝しています」。

Items

anyone

pagetop