アップデート版名作春アウターを、どう着こなす? アップデート版名作春アウターを、どう着こなす?

アップデート版名作春アウターを、どう着こなす?

日に日に暖かさが増す季節は心地よいけれど、朝夕はまだ少し肌寒さが残るだけに、何に袖を通すべきかが悩ましい。一つ言えるのは、安心感のある薄手のアウターがあれば、心強いということだ。嬉しいことに、今年は誰もが知る名作を現代的にアップデートしたモデルが豊作。どうせなら各々の特性を生かした着こなしを、目一杯楽しみたい。

01
LAVENHAM for SHIPS

マリンルックの鉄則、ホワイト×ネイビーのボーダーカットソーではなく、春色全開のアイスブルーのニットを効かせて開放感を増幅。そこに真っ白なラベンハムのナイロンジャケットを羽織ることで、清潔感とスポーティな印象がプラスされる。英国由来のすっきりしたフォルムは、スラックス調のクリース入りデニムパンツとも好相性。都会的な“大人マリン” が完成する。

ジャケット ¥47,000(+tax) / LAVENHAM for SHIPSBUY
セーター ¥11,800(+tax) / SHIPSBUY
パンツ ¥16,300(+tax) / SHIPSBUY
シューズ ¥34,000(+tax) / il mocassinoBUY
ベルト ¥7,200(+tax) / QUAKER MARINE SUPPLY
サングラス ¥15,200(+tax) / SHIPSBUY

ジャケット ¥47,000(+tax) / LAVENHAM for SHIPSBUY

大人マリンを体現する真っ白フーデッド

ラベンハムの代名詞であるキルティングジャケットに次いで、よりデイリーに着られるフーデッドジャケットを型から別注。ストレッチ性に加えて、透湿防水や撥水性能を備えたナイロンボディの1着は、ストレスのない着心地と、スーツのジャケットの上に着ても裾が隠れる着丈設定がポイント。それゆえオン・オフ自在に活用できる。専用ポーチに収納できるパッカブル仕様だから、持ち運びも便利だ。

02
Barbour for SHIPS

軽やかなナイロン素材のジャケットは、シアサッカー素材のイージーパンツで着こなせばよりエアリーな印象に。インナーは、ドライタッチのニットベストとバンドカラーシャツのレイヤードで首元をすっきりと見せれば、リラックスムードが漂う。ブラックを基調にしながらも重たさを全く感じさせない、オリジナリティのある春スタイルだ。

コート ¥34,000(+tax) / Barbour for SHIPSBUY
ニットベスト ¥18,000(+tax) / BATONER for SHIPSBUY
シャツ ¥17,200(+tax) / SHIPSBUY
パンツ ¥13,600(+tax) / SHIPS
シューズ ¥21,800(+tax) / REPRODUCTION OF FOUNDBUY

コート ¥34,000(+tax) / Barbour for SHIPSBUY

英国らしい品格を備えた薄軽コート

バイカーたちに愛されてきた、ワックスドコットンを使った重厚感のあるジャケットとは一線を画す、軽やかなマイクロリップストップ仕様の膝上コート。襟は細畝のコーデュロイに変更し、ジップは小型化することで、より軽量に仕上げているのが特徴だ。そのため、小さな巾着に簡単に収納できるというのは何かと便利。光沢のある黒ボディの表情は、英国発信ならではの落ち着いた雰囲気をしっかり受け継いでいる。

03
SHIPS

イージーな着心地のコットンのセットアップに、ペパーミントグリーンの挿し色ニットを効かせれば、今年らしさと華やかさを盛り込んだ春の装いが楽しめる。チェック柄プリントのステンカラーコートは、そこに重たさを感じさせずにクラシックなムードをもたらす特効薬。スポーティな着心地を生かして、足元はスニーカーで抜け感を加えれば、よりアクティブな印象でまとまる。

コート ¥39,000(+tax) / SHIPSBUY
ジャケット ¥36,300(+tax) / SHIPSBUY
セーター ¥13,600(+tax) / SHIPSBUY
シャツ ¥12,700(+tax) / SHIPS
パンツ ¥16,300(+tax) / SHIPS
シューズ ¥17,200(+tax) / PIEVEBUY
バッグ ¥43,000(+tax) / Daniel & BobBUY

コート ¥39,000(+tax) / SHIPSBUY

クラシックな印象と軽快さを両得したステンカラー

古き良きステンカラーコートがモチーフのこちらは、撥水加工を施したナイロンタフタを使用しているため着心地はいたって軽い。とはいえ、モナリザプリントのチェック柄は、布帛のような味わいのある表情をしているのも興味深い。ダウンのライナーは取り外しができるから、気温やインナーに合わせてアレンジが効く。まさに初夏まで使える万能コートだ。

04
McGREGOR for SHIPS

タイダイ柄のTシャツとストライプ柄のイージーパンツという柄×柄の組み合わせも、定番のシンプルブルゾン、ドリズラー®をさらっと羽織るだけで子供っぽく見えない。さらに、ストローハットやエスパドリーユ風スリッポンといった春夏らしい小物でスパイスを効かせれば、良い意味でラテンなノリに。大きな襟のレトロな雰囲気とも絶妙にマッチする。

ジャケット ¥35,000(+tax) / McGREGOR for SHIPSBUY
Tシャツ ¥9,500(+tax) / battenwear
パンツ ¥32,000(+tax) / BERWICH
シューズ ¥16,300(+tax) / JVAM
ハット ¥17,200(+tax) / Anthony PetoBUY

ジャケット ¥35,000(+tax) / McGREGOR for SHIPSBUY

50sの大きめカラーで復刻した定番ドリズラー®

1921年創業の老舗、マクレガー社が作るドリズラー®ジャケットといえば、アメカジの王道。50sカルチャーを象徴する名品でもあるが、こちらは襟の大きな当時のディテールを再現すべく、アメリカ生産にて復刻させた。当時のタグまで忠実に蘇らせた1着は、今新鮮に映るだけでなく、コンパクトで動きやすい。生地はソロテックス®を混紡したリネン素材を採用し、軽やかな印象に仕上がっている。