国別ダウンアウター徹底分析! 国別ダウンアウター徹底分析!

国別ダウンアウター徹底分析!

スポーティなスタイルが流行中の今季は、ダウンを用いたアイテムに再び注目が集まっています。ここでは、アメリカ、カナダ、アイスランド、日本のダウンブランドをご紹介。国別でスペックがどう違うのか、ダウン量やアウトシェルの素材などを比較検証します!

アイスランドにて、1926年に誕生した老舗。コレクションはダウンウェアやゴアテックスウェアなど重衣料がメインで、警察や湾岸救助隊などでも使用されているほど。信頼あるもの作りが特徴です。

10年前にデザインされた、ダウンがたっぷり入ったモデルを現代的に解釈した「DYNGJA」。光沢感のあるナイロンの表地が鮮烈な印象を与えます。羽毛の体積を示すフィルパワーは800(通常700以上で高級とされる)。

¥52,000(+tax) / 66°NORTH BUY

高さのあるネックは防風に強い仕様。フードは着脱式で、インナーにフーディを持ってきてレイヤードしても決まって見えます。

ジップの前立て部分にはブランドロゴをテープ状に配してあります。前を開けてきたときにアクセントとなる仕様です。

日本初上陸のダウンウェアブランド。ブランドネームの由来はカナダ北部の同じ地名から来ています。マイナス55度で過ごすイヌイットたちに古くから伝わる技術などを取り入れてものづくりを行っています。

ファッショナブルながらもマイナス40度という厳しい気候においても暖かく過ごすことが可能という本格派ダウンウェア。フロントのパラシュートボタンなど、男心くすぐるデザインが特徴です。ダウン量示すフィルパワーは725。

¥140,000(+tax) / ARCTIC BAY

袖口、ポケットなどはレザーのパイピング処理が施されています。見た目はアウトドアながらも高級感あるディテールを採用。

ジッパーの最上部についている黒いファーはビーバーのもの。なめらかで上品な風合いを持っている上に、水を弾き耐久性にも優れます。

アウトドア用品や登山 ・キャンプ用具を製作するアメリカのブランド。山岳地方に生息する社交性の高いリス「マーモット」がブランド名の由来。

表生地をコットンライクな軽量ナイロンリップストップ素材に変更し、フィットを現代的にリサイズし別注したダウン。アウトドア感が軽減されたモダンな表情に仕上がっています。フィルパワーは750。

¥46,000(+tax) / Marmot × SHIPS

まるでコットンのようなリップストップナイロン。これにより都会的なムードがぐっと高まり、機能的なアイテムながらモダンな佇まいに。

フード一体型から脱着できるように変更し、また袖口にベルクロを付けたことで、コーディネートでの汎用性を高めています。

オルテラインは、「all」と、地形という意味の「terrain」を組み合わせた造語。デサントが長年スポーツウェアの開発で培ってきたノウハウを活かし、2012年にスタートしたコレクションライン。

日本が誇る高級メーカー「水沢ダウン」を使用した人気モデルを別注。今シーズンは、表地をウール混、フードに着脱可能なシルバーフォックスのファーを加えて、更に大人の印象をプラス。ネイビーとブラックの2色で展開。

¥130,000(+tax) / DESCENTE ALLTERRAIN × SHIPS BUY

フロントジッパー部分のジッパーとその間に配置されたメッシュ生地により、外から空気を取り込み、衣服内にこもる熱や湿気を逃がします。

着脱可能なシルバーフォックスのファー。これにより、大人っぽい印象がぐっと強まります。ふわふわとして肌触りも上質です。

米・カリフォルニアの「ALLIED FEATHER & DOWN」社のダウンを使用し、SHIPSがオリジナルで作り上げた都会のためのダウンウェア。オーバースペックにならないように、日本の気候に合わせて作成しています。

軽くて暖かく、さらにスッキリとしたシルエットで仕上げた一品。品質面からも安心して着用頂けるダウンです。フィルパワーは700。表地の裏面には透湿防水膜を使用している為、耐水圧にも優れた機能を持ちます。

¥32,000(+tax) / SHIPS BUY

表地には40デニールの軽量ストレッチ素材を使用。糸自体に撚りをかけてストレッチ性を出しつつ落ち着いたマットな風合いを表現しています。

袖元に設けたシームポケットには通勤定期などのICカード等が収納可能。通勤、通学時にも重宝するディテールです。