できるビジネスマンの“気”こなし術  卒園・卒業式スタイル編 できるビジネスマンの“気”こなし術  卒園・卒業式スタイル編

できるビジネスマンの“気”こなし術
卒園・卒業式スタイル編

お子さんのいるお父さんにとっては、わが子の卒園・卒業式などは一大イベントですよね。
大切な日に服装で失敗したくない、常識知らずだと思われたくない、そんな失敗しないための卒園・卒業式ファッションをご提案します。しっかりと身だしなみを整え、お子様の門出を祝いましょう!

スーツ選びのポイント

まず、卒園式や卒業式は式典であるということを頭に入れておきましょう。その場合、基本略礼装がベター。いわゆるセミフォーマルなスタイルが最も適しています。

では、どんな素材、色柄はどうすればいいのでしょうか?

基本セミフォーマルなのでビジネススーツで大丈夫です。
「色」はネイビーやミディアムグレーなどがおすすめ。
「柄」は、無地、もしくは薄いストライプなどがベスト。
中でもシルク混の光沢のある生地などは華やかな印象が強まり、冠婚葬祭などにも対応しながらも、ビジネスシーンでも使えるので一石二鳥。

素材は上質なウールがベター。決して高くなくてもいいですが、つるんとした表面の微光沢を湛えたものがおすすめ。Vゾーンは、サックスブルーのボタンダウンに小紋柄のネクタイを合わせて、適度に親しみやいニュアンスをプラス。

スーツ ¥83,000(+tax) / SHIPS
シャツ ¥25,900(+tax) / Errico Formicola
ネクタイ ¥15,700(+tax) / stefanobigi
チーフ ¥2,700(+tax) / SHIPSBUY

グレーのスーツも、ほんのり光沢のある梳毛ウールのものがいいでしょう。オンオフで使えるので、一着あると何かと着回しが効くので便利です。ネクタイはレジメンタルストライプで若々しく。チーフは白のものをTVフォールドで差すのがハズし過ぎず決まる手法。

スーツ ¥83,000(+tax) / SHIPS
シャツ ¥23,000(+tax) / GUY ROVER
ネクタイ ¥15,700(+tax) / stefanobigi
チーフ ¥2,700(+tax) / SHIPSBUY

SHIPSで人気の生地をレコメンド!
ロロ・ピアーナのシルクエアー

イタリアの有名生地屋、ロロ・ピアーナの生地はとりわけ美しい艶で知られています。中でもシルクを混紡したウール「シルクエアー」は、エレガントな光沢が魅力です。上で紹介している梳毛のシャークスキン生地などは、特にその美しさを堪能できます。

ネクタイ選びのポイント

祝いの席なので明るいものがおすすめです。ここで意識したいのが、相手に与える印象です。お祝いだからといって派手な色柄は、悪目立ちするので避けるのが無難。色によって相手に与えるイメージや印象が異なるので、そのあたりも踏まえて、色別に紹介していきます。シルクなどの光沢のある生地、ドットやフラワーの小紋柄などは、華やかな印象になり、パーティやお祝いの席などでも活躍します。色や柄を気にしながら自分の好みにあったものを選んでいくといいでしょう。

<左から>
ネクタイ ¥9,000(+tax) / SHIPSBUY
ネクタイ ¥11,000(+tax) / Southwick
ネクタイ ¥11,000(+tax) / Southwick

<左から>
ネクタイ ¥10,000(+tax) / SHIPSBUY
ネクタイ ¥10,000(+tax) / SHIPSBUY
ネクタイ ¥9,000(+tax) / SHIPSBUY

<左から>
ネクタイ ¥10,000(+tax) / SHIPSBUY
ネクタイ ¥10,000(+tax) / SHIPS
ネクタイ ¥9,000(+tax) / SHIPSBUY

<左から>
ネクタイ ¥10,000(+tax) / SHIPSBUY
ネクタイ ¥10,000(+tax) / SHIPSBUY
ネクタイ ¥11,000(+tax) / SHIPSBUY

<左から>
ネクタイ ¥11,000(+tax) / SHIPS
ネクタイ ¥10,000(+tax) / SHIPSBUY
ネクタイ ¥11,000(+tax) / SHIPS

<左から>
ネクタイ ¥11,000(+tax) / SHIPS
ネクタイ ¥11,000(+tax) / SHIPSBUY
ネクタイ ¥11,000(+tax) / SHIPSBUY

ジャケパンスタイルの場合

カジュアルな印象になりがちなジャケットスタイルは、ベーシックなネイビージャケットにグレースラックスといったスタンダードな色合わせを心がけましょう。

ホップサックやツイールなど定番素材のネイビージャケットに、ミディアムグレーなどベーシックな無地のトラウザーズを選ぶのが間違いないでしょう。

ベーシックなアイテムゆえ、お仕事スタイルにならないよう、Vゾーンでフォーマル感を意識したスタイルを心がけたいところ。チーフなどを用い普段のスタイルと差別化するのもいいでしょう。

ジャケット ¥55,000(+tax) / SHIPS
ニットカーディガン ¥26,000(+tax) / ROBERTO COLLINA
シャツ ¥25,900(+tax) / Errico Formicola
ネクタイ ¥11,000(+tax) / SHIPS
チーフ ¥2,700(+tax) / SHIPSBUY
パンツ ¥37,000(+tax) / INCOTEX