SHIPS WOMEN
Tiny
Treasures.
小さきエシカルたち。
ものを選ぶときの視点が変わってきたと感じる昨今。
「アイテムが作られる過程で社会、環境や地域に負荷をかけていないかどうか」が基準のひとつになったという人も増えていると思います。秋のお買い物を、エシカルな小物といっしょにスタートしませんか。
Updated 2021.08.18
BRAND#01

ADD CULUMN

ヴィーガンレザーでこの手触り。

アムステルダムのファーフリーアライアンスに認証されている、アニマルフリーなバッグブランド。ヴィーガンレザーを使用しつつ、しっとりとした質感や滑らかな肌触りを実現しています。今シーズンはフリンジがアクセントになったミニポシェットやキルティングがアイキャッチな小ぶりなボストンバッグ、クロワッサン型のギャザーバッグなどがラインナップ。オフホワイトやブラックなどのベーシックカラーのほか、差し色として活躍するスモーキーピンク、イエローなどを展開。

1_BAG [SILKY]¥9,350 (inc. tax)BUY

2_BAG [PUFF BOSTON]¥14,300 (inc. tax)BUY

BAG [CHAOZ-PLANE]¥9,900 (inc. tax)BUY

MORE ITEMADD CULUMNのアイテムをもっと見る
BRAND#02

JVAM

副産物としてのレザーサンダル。

イギリス滞在中に〈Vivienne Westwood〉や〈JOHN LOBB〉で靴づくりを学んだ伊丹桂と、インドの靴メーカーとの共同プロジェクト。内側がファーになった履き心地のいいサンダルは、今シーズンはスエードをセレクト。革をとるためではなく食肉加工の副産物としてのものを使用し、工場の排水が問題視されているクロムではなめし加工を施さないなど細やかな配慮をしています。高品質なシューズは欧米製という概念を崩したいという気概がステキ。

SANDALS¥26,950 (inc. tax)

MORE ITEMJVAMのアイテムをもっと見る
BRAND#03

SHYLA

ウーマンパワーを支持するジュエリー。

印象的なフォルムのジュエリーたちは、70%のマテリアルがリサイクルされたものを使用しているというから驚き。パーツ部分は、使われなくなったゴールドやシルバーのジュエリーや銀食器から取っているんだそう。インドのアトリエで職人により1点1点ハンドメイドされており、さらに売り上げの一部を貧しい地域に暮らす女性たちを支援する団体に寄付しているんです。ストーリー性のあるアクセサリーって愛着が湧きますよね。

1_PIERCED EARRINGS¥11,000 (inc. tax)BUY

2_RING¥10,450 (inc. tax)BUY

3_PIERCED EARRINGS¥11,990 (inc. tax)BUY

4_RING¥11,000 (inc. tax)BUY

5_PIERCED EARRINGS¥11,000 (inc. tax)BUY

MORE ITEMSHYLAのアイテムをもっと見る
BRAND#04

SUNSKI

一生もののエシカルアイテム。

再生プラスチックを使用した軽量フレームと、ヴィンテージのサングラスに着想を得たデザイン性の高さでファンを増やしているブランド。アイテムはもちろん、パッケージをペーパーボックスにして接着剤も使用しないなど、商品のために新しいプラスチックが消費されることがないよう配慮しています。さらに売り上げの1%は非営利環境団体に寄付し、一生使えるサングラスやメガネとなるように壊れた場合は修理を生涯保証するという徹底ぶりに頭が上がりません。

GLASSES¥8,470 (inc. tax)BUY

1_SUNGLASSES¥8,470 (inc. tax)BUY

2_SUNGLASSES¥8,470 (inc. tax)BUY

3_SUNGLASSES¥8,470 (inc. tax)BUY

4_GLASSES¥8,470 (inc. tax)BUY

MORE ITEMSUNSKIのアイテムをもっと見る
  • Photography_Yuichi Sugita
  • Styling_Chie Hosonuma
  • Hair & Make-up_Eriko Yamaguchi
  • Models_Nastya Summer (TOKYO REBELS)
  • Text_Rei Matsugami
  • Design & Development_maam.inc
  • Edit_MANUSKRIPT