SHIPS WOMEN
STYLING
SHIPSのフィロソフィーである“トラッド”に、
アメカジやスポーツなどテイストをMIXする
「TRADITIONAL BLENDER」が今秋のコンセプト。
ということで、まず基本中の基本をおさらいしま
しょう。大人のための“トラッド”に欠かせない
10個のルールをお届けします。
Updated 2023.08.23

Jacket [SHIPS Primary Navy Label]
¥44,990(inc. tax) BUY

Jacket [SHIPS Primary Navy Label]
¥44,990(inc. tax) BUY

トラッドを語るうえで欠かせない王道アイテム「紺ブレ」。イギリス由来のアイテムで、ダブルボタンは1830年代のイギリス海軍、シングルボタンは1870年代にボートレースに出場する大学生のスタイルが出処と言われています。ほかにもシルエットがジャストかゆったりか、ボタンがゴールドかつや消しかなどで印象がガラッと変わるので、使い分けるのがトラッドマスターというもの。

Knit [YURI PARK] ¥69,300(inc. tax)

Stole [A.E. Clothier] ¥11,000(inc. tax) BUY

Knit [Ernie Palo] ¥41,800(inc. tax) BUY

Scarf [Ernie Palo] ¥35,200(inc. tax) BUY

定番カラーはネイビーだけど、今季SHIPSが推すのはグレーをキーカラーにしたトラッドスタイル。清潔感やかっちり感は保ちつつ、すこしやわらかな印象を与えることができます。ここに鮮やかなグリーンやレッドの小物をプラスすると、一気に垢抜け。令和のトラッドが完成するんです。色を鮮やかに、面積は少なめにすることで大人の粋な遊び心が演出できます。

Skirt [CURRENTAGE] ¥41,800(inc. tax) BUY

Shoes [ARTESANOS] ¥22,880(inc. tax) BUY

Gilet [SHIPS] ¥29,920(inc. tax) BUY

T-shirt [COUTURE D'ADAM] ¥10,450(inc. tax)

例えば「アメリカントラッド」なら、根本的にはアメリカ東部の名家に生まれた人々と、それに憧れる人々の服装。つまりはいいところのお坊ちゃん、お嬢ちゃんが一目でそうだとわかるようなルックなのです。ただどんなに裕福な家庭でも親から敷かれたレールをまっすぐに進むのはおもしろくないわけで。ラメ素材やひとクセあるTシャツをトラッドに忍ばせることで、自身のトラッドに奥行きが生まれるのです。

Shoes [PASCUCCI]
¥25,300(inc. tax)

Shoes [PASCUCCI]
¥29,920(inc. tax) BUY

トラッドにおけるジェンダーギャップはズバリ、革靴への偏愛ではないでしょうか。男性がうっとり頬ずりする勢いで靴の手入れをする一方、老舗ブランドの一級品を手に入れたとしても実はシューケア用品を持っていない、なんて女性がいることも事実。靴を磨くことが自分磨きにもつながる、なんていうのは説教くさいかもしれません。だけどケアするとしないでは雲泥の差が生まれます!

Blouse [CURRENTAGE]
¥39,600(inc. tax)

Blouse [SHIPS Primary Navy Label]
¥20,460(inc. tax) BUY

メンズではオーソドックスなボタンダウンシャツ以外は亜流とされがち。でも現代に生きる私たちが選ぶならそもそもシャツじゃなくてブラウスでもいいし、襟が大きかったり小さかったり、はたまたデザインが入っていてもそれはそれ。まったく問題ありません。むしろトラッドを楽しむ者の冒険心と言えるのではないでしょうか。多くを語らず、襟のチョイスで自分を表現するなんてオツだと思いませんか?

Skirt [O'NEIL OF DUBLIN]
¥35,970(inc. tax)

Skirt [SHIPS]
¥19,910(inc. tax) BUY

ここ最近、ストールなどの小物(脇役)としての登場が多かったタータンチェックが、久しぶりに主役としてカムバック。スコットランド人の誇りであるタータンチェックは、イギリス統一の際や王位継承問題などでたびたび政治的な役目をになってきました。もともとは男性のための衣装「キルト」が、のちに女性から支持される「キルトスカート」になったというエピソードも性別ごちゃ混ぜ感があって現代向き。

Brooch(Heart) [IRIS 47] ¥9,900(inc. tax)

Brooch(Flower) [IRIS 47] ¥11,000(inc. tax)

Scarf [SHIPS] ¥8,910(inc. tax) BUY

Head Accessory(Black) [IRIS 47]
¥6,600(inc. tax) BUY

Head Accessory(Beige) [IRIS 47]
¥5,500(inc. tax) BUY

紳士たちのルールは参考にしつつ、真似事になるのはつまらないってもの。女性のトラッドスタイルは、どのようなアクセを取り入れるかで自分のセンスをさりげなくアピールできるんです。この際、気をつけなくてはいけないのがゴテゴテ盛らない・派手派手しくしないということ。パールのブローチやカチューシャなど、あくまでいいところの子がつけていそうな正統派を選ぶのがポイントです。

Umbrella [SHIPS]
¥4,400(inc. tax) BUY

やめようやめようと思っていてもつい玄関に溜まってしまうビニール傘。年齢的にもSDGs的にも、トラッド派ならそろそろ長傘を手に入れて大事に使う選択をしてみては。強風にあおられて傘がひっくり返ることもないし、なくしたくないから電車の中やお店の軒先に忘れることも少なくなるハズ(たまにはあるかも)。バンブーのハンドルなら、持ち歩くときも差すときも自然と背筋が伸びるよう!

Cardigan [SPORTCLAD × SHIPS]
¥20,460(inc. tax) BUY

Bag [PARROTT CANVAS]
¥20,680(inc. tax) BUY

アメリカの大学生たちが、母校やチームのイニシャルや数字をデザインしたワッペンをつけた「レタードカーディガン」に見られるように、自分の頭文字が入ったアイテムはそれだけでスペシャルに感じるもの。ここで問題になるのが、自分のイニシャルと好きなデザインの両立が必ずしもできるわけじゃないってこと。場合によってはこじつけで気に入ったデザインを取り入れるっていうのもアリ!

Tie [Southwick]
(Check) ¥14,410(inc. tax) BUY
(Stripe) ¥13,970(inc. tax) BUY
(Border) ¥13,970(inc. tax) BUY

Belt [J&M DAVIDSON] ¥42,900(inc. tax) BUY

Pants [SHIPS STANDARD] ¥23,980(inc. tax) BUY

色々語ってきたけど、難しいこと考えずに手っ取り早くメンズのトラッド服を取り入れちゃうという直球ストレートもあり。妙に女性らしいシルエットだったり、小技の効いたデザインのものより「彼氏のシャツ、借りちゃいました」というほうがセンスよく見えたりもするってもの。ただし全部を借りて完全コピーするのはご法度。あくまでちょっと拝借、くらいの愛嬌がある取り入れ方をしましょう。