SHIPS WOMEN
Primary Navy Label

MY PRIMARY


SHIPS Primary Navy Label

KANAKO SATO
01
体をキレイに見せるベーシック服に
アクセサリーで気分を楽しむ
佐藤佳菜⼦
(スタイリスト)
Updated 2021.06.22
さまざまなゲストを迎え、不朽のベーシックの魅力をお届けする〈SHIPS Primary Navy Label〉の連載企画。
Primary(プライマリー)とは、基本的な・最初の・一番目のという意味です。
ではファッションのプライマリーとは何でしょう?
ベーシックに辿り着いた大人の女性たちに尋ねていきます。
第一回では人気スタイリスト佐藤佳菜子さんが登場。
佐藤さんのファッションを紐解き、シンプルながら洗練されたスタイルが確立するまでのヒストリーも伺います。
スタイリスト佐藤佳菜⼦さんプロフィール

女性ファッション誌を中心に、カタログや写真集なども手掛ける、人気スタイリスト。2018年の結婚を機に、夫が住むロンドンへ移住し、現在は日本とロンドンを行き来しながら活躍。

STYLE-01

「さらっと着られる白のワンピースは
小物でメリハリを」

定番の白いワンピースを上手にスタイリングするコツは?

スタイルが良く見えるように、黒のカーディガンやベルトを足しました。長めのシンプルなワンピースは大人にとって便利なアイテムですが、布の面積が大きい分、洋服を持て余しているような印象に陥ってしまう危険性も。だから黒の小物でポイントを足して、全体にメリハリをつけるといいですね。

シャツワンピのようなベーシックなアイテムの魅力とは?

流行り廃りにとらわれず、末長く愛せること。ベーシックなアイテム選びの基準は、自分の体をキレイに魅せてくれるかどうかです。何がトレンドであろうと、自分をよく見せてくれる服なら年齢を重ねても着たくなりますよね。しかも洋服がベーシックなら小物でトレンドをプラスするのも簡単。今日も、ベルトやバングルにバッグで、私自身の今の気分を楽しんでいます。

「長く使えるかどうか」を、お買い物では考えますか?

買い物の決め手としては意識していませんでした。でも、結果的にベーシックな服はクローゼットに長年残ると実感しています。“長く使う”と言っても、間にお休みをを入れて何年も着続けることも。数年ごとに着たくなるタイミングが訪れるんです。この歳にもなると自分のスタイルがわかるので、ベーシックな服は少し飽きた時も捨てずに保管していますよ。

STYLE-02

「大活躍のネイビージャケットは、
サイズ感を大切に」

佐藤さんの定番ジャケットへのこだわりを教えてください。

ネイビーのジャケット、不朽の定番ですよね。すごく好きです。私はカジュアルスタイルを綺麗に見せるために、肩の形がしっかりしているジャケットをよく着ます。華奢なシューズや、タイトな洋服のエレガントな雰囲気を引き立ててくれるはず。人によって似合うデザインは違うので、自分の肩のフレームを理解した上で、羽織った時にシワが寄らないジャケットを選ぶとベストですね。

ジャケットでこなれ感を出すコツはありますか?

主張の強いアクセサリーを加えるだけで「ジャケット=正装」というイメージが覆ります。フワフワのチュールスカートやドレスと合わせるのも良いですね。要はジャケットの真面目さに負けない、女性らしいアイテムを一点投入するだけで、バランスがとれるんです。

ジャケットに合わせて下さったアイテムのご紹介をお願いします。

中に着ているボーダーカットソーは、少しお値段はしましたが長年愛用しているベーシックアイテムの一つ。何年経っても形が崩れないのでお気に入りです。デニムはファストファッションブランドのもの。安くても、しっかりした素材を使っているアイテムには惹かれます。というところで、ベーシックなアイテム選びに、お値段は関係ない。ピュアな目線で、自分が愛せるものかどうかを考えたいですね。

( MY PRIMARY )
ACCESSORIES
「アクセサリーはベーシックを彩る
基本のアイテム」
服がシンプルで控えめな分、アクセサリーが自由演技の場。ヴィンテージが好きで、ヨーロッパのマーケットに行くと必ず買います。 パリのクリニャンクール蚤の市で買った100円の物から、ジバンシィのヴィンテージまで。お値段が関係ないのはアクセサリーも同じ。ヨーロッパの街を歩く可愛いおばちゃん達をイメージしながら、身に付けるだけで特別な気分になれるものを選びたいです。海外と行き来していますが、アクセサリーは全てこのスマイソンのポーチに入れて持ち歩いています。
( MY PRIMARY )
LEATHER LOAFERS
「ローファーで、カジュアルと
フェミニンの美味しいとこどり!」
靴を集めるのが好きで、中でも欠かせないのがローファー。スニーカーはカジュアル過ぎるし、ヒールは仕事に向かない…と思った時にローファーが優秀です。シーンを選ばす、オン・オフともに使えます。履き心地も良くて、なおかつ上品に見えるので、助かりますね。履く度にどんどん味が出てくるレザーのローファーは、長く愛用し続けたいアイテムの一つです。
COLUMN
佐藤佳菜⼦さんの、
ファッションヒストリー
KANAKO SATO FASHION HISTORY
COLUMN
佐藤佳菜⼦さんの、
ファッションヒストリー
KANAKO SATO FASHION HISTORY
母親が服好きだった事もあって昔からオシャレは大好き。子どものくせにシンプルなものが好みで、色の感受性は人一倍強かったかもしれません。ぼんやり景色を見ながら「この色合いが素敵だな」と考えたり。大学生になってからは、女性誌の編集部でアシスタントを始め、その後“リタベーシック”で有名なスタイリストの高橋リタさんのアシスタントとして経験を積みました。今、自分らしいベーシックスタイルに辿り着けた理由は、トライアンドエラーを繰り返したから。先入観を持たずに色々挑戦することが大切です。徐々に自分の体に合うシルエットが理解でき、似合う服の見分けもつくようになってくる。だからファッションに悩みがある人ほど、自分の可能性を狭めずに、あらゆる服を試した方が良いのかも。私自身のベーシックの探求もまだまだ続くと思っていて、研究熱心でいたいですね。ベーシックな着こなしに近道はなく、王道行くのみ! サボらず、努力し続けたいものです。
佐藤佳菜⼦さんが選ぶ、プライマリーなアイテム
SHIRT DRESS / 
SHIPS Primary Navy Label
¥26,950(inc. tax)BUY
JACKET / 
SHIPS Primary Navy Label
¥44,990(inc. tax)BUY
BACK TO INDEX