誰にでも似合う定番がある。
SHIPSのアイデンティティとも言えるその定番アイテムを、シリーズでご紹介。
そのルーツや現在のかたちに至るこだわりで解説。

第2回

カシミヤセーター

 

シミヤは「繊維の宝石」とも呼ばれ、カシミヤ山羊から採取される。カシミヤ山羊の生息地域では夏と冬の気温差が激しく、夏の暑さに慣れた山羊が急激な冬の厳しい寒さから身を守るために良質な産毛を蓄える。外側の差し毛と内側の柔らかな産毛の二層構造になっており、実際に糸になるのは産毛の部分である。カシミヤの繊維は羊毛に比べて細く長いため、より多くの繊維を束ねて1本の糸を形成する。そのため外の冷たい空気を遮断して暖かな空気を内側へ溜め込みやすく、保温性に優れる上に軽量感も備えている。また、動物繊維特有のキューティクル構造が空気中の水分を吸収し放出することで保湿性も高いとされる。柔らかな風合い、独特のヌメリ感、優れた保温性、保湿性などが特長として挙げられる。

#グレードの高いホワイトカシミヤを使用
#襟元の小さなケーブルデザイン
#シャツやTシャツと相性の良いスタンダードフィット

モンゴルの厳しい寒暖差のある大自然の中で、原始的な飼育方法の「遊牧」によって育てられたカシミヤ原毛、糸の太さ平均繊度16.0マイクロンのホワイトカシミヤ100%を使用したSHIPSの「カシミヤセーター」。16.0マイクロンという数値は、通常の山羊が約19〜24マイクロンであるのに対してより細いため、肌への刺激が少なくしなやかで滑らかな肌触りが特徴だ。これを12ゲージの編み機を使使って適度な密度に編立てている。

カシミヤ本来のナチュラルな風合いを備えた、より暖かく柔らかな肌触りを実感できる。無駄のないミニマルなデザインをスタンダードフィットに仕上げ、襟元のミニケーブルをアクセントとして施した。ホワイトカシミヤの素材の良さを最大限に生かしたセーターは、まさに大人のベーシックと位置付けられる冬の定番品だ。

SHIPSの

カシミヤセーター

¥16,300 (+TAX)

COLOR:WHITE, BEIGE, WINE, YELLOW, GREEN, BLUE, NAVY

SIZE:SMALL, MEDIUM, LARGE, X-LARGE

pagetop