ニュース

SHIPSのバリアフリーとワークライフバランスへの取り組み

2019.04.11(木)

企業としての取り組み

株式会社シップスは、東京都「心のバリアフリー」サポート企業に登録されました。
また、株式会社ワーク・ライフバランスによる「働き方改革企業2019」優秀企業の表彰において「優秀賞」をいただきました。



<東京都「心のバリアフリー」サポート企業>
株式会社シップスは2019年3月に数々の取り組みを評価いただき、東京都「心のバリアフリー」サポート企業に登録されました。 これからもサポート企業として、障がいや様々なバリアに対する気づきや意識啓蒙を促進していき、お客様サービスや企業バリューに繋げていきます。

「心のバリアフリー」サポート企業とは…
東京都が2020年東京オリンピックなどを見据え、各企業とも連携し、高齢者や障がいのある人、乳幼児を連れた人など、誰もが円滑に外出や移動したり、様々な活動を楽しめる街づくりを進めるための社会的気運の醸成を図ることを目的とし、意識啓発等に取り組む企業を申請書を基にサポート企業として承認しているものです。

https://www.mirairo.co.jp/kokoro/

当社の取り組み
・コンプライアンス、LGBT、ダイバーシティなどについての啓蒙
・支援企業よりユニバーサルデザインやバリアバリューについての講演実施
・「超福祉展2018」とコラボレーションした店頭ディスプレイなどに企業として参加
・「Warmblue(世界自閉症啓発デー啓発)」への参画
・大分国際車いすマラソンへの協賛
・全店舗に「耳マーク」の設置、筆談接客の推進


<「働き方改革企業2019」優秀企業>
株式会社ワークライフバランスが行う「働き方改革企業2019」優秀企業の表彰において、株式会社シップスが取り組む働き方改革研修、当社の取り組み内容、ならびに企業としての評価を頂き、この度約900社を超える各団体や企業の中より「優秀賞」として表彰されました。

「働き方改革企業2019」優秀企業表彰とは 生産性向上と働きやすい職場づくりの実現に向け、働き方改革に率先して取り組んでいる企業を表彰し、企業名を公表、優秀な実例をご紹介することで、社会全体の働き方改革をさらに推進することを目的としています。

シップスではワークライフバランスの考え方に基づき、全ての従業員が心身の健康を保ち、仕事への意欲とやりがいを持って仕事ができる環境を目指し、残業時間の削減やスタッフ同士の「関係の質」の向上を目的とした研修を導入しています。小売業界における人材不足や労働環境面をあらゆる角度から捉え、誰もが働きやすい環境である職場づくりと、そこから生み出される可処分時間によって、より多くの文化に触れ、魅力的な販売員の育成を目指しています。

シップスのワークライフバランス:SHIPS MAG
新しい時代の働き方 〜うちの会社では無理! という前にできること〜
https://www.shipsltd.co.jp/shipsmag/things/2016winter-17834

RECENT NEWS

pagetop