ジェンダーレスで使えるWEB限定ブランドのSHIPS別注アイテム

オンラインショップの中でも人気が集中するWEB限定アイテム。
中でもオーセンティックなブランドに別注したSHIPSだけのアイテムをまとめてご紹介。
ユニセックスで着たいカレッジ&スポーツとワークのエッセンスに注目。

01

MACOBERマコバー

What’s “MACOBER”?マコバーってこんなブランド

マコバーは第二次大戦後の1950年頃、フランス・サントル地区に実在したワークウェアブランド。日本での復活を遂げて以来、フレンチワークらしいプリミティブなディテールと特徴のある色使いで、他のワークウェアとは異なる趣がデイリーなカジュアルウェアとして人気。

80〜90年代にフランスのワークブランドがフランス在住の中国系移民向けに生産していたワークジャケット(=チャイナジャケット)をミリタリーキルティング風にデザインした別注アイテム。柔らかいポリエステル素材を使用した細身の微フレアイージーパンツと合わせて、オリエンタルなジャケットをフレンチワークの感覚で取り入れるのがポイント。

“MACOBER” PICK UP ITEMS

02

Franklin & Marshallフランクリン & マーシャル

What’s “Franklin & Marshall”?フランクリン & マーシャルってこんなブランド

アメリカンカレッジ&スポーツ」をコンセプトに、イタリアのベローナで生まれたブランド。ブランド名はアメリカのフランクリン&マーシャル大学に由来し、継続性のあるコレクションをベースに毎シーズンどこか“アメリカ”のムードがあるアイテムを展開している。

ややオーバーサイズなプルオーバーとテーパードシルエットのパンツはブランドを代表するスウェットシリーズのSHIPS別注。IVY的なアプローチがトラッド感のある着こなしにもフィットするユーティリティなセットアップだ。インナーにはカラーリングを意識して別注したロングスリーブTシャツを効かせて。グッドデザインな小物にも注目。

以上全てFranklin & Marshall × SHIPS

“Franklin & Marshall” PICK UP ITEMS

03

RUSSELL ATHLETICラッセルアスレティック

What’s “RUSSELL ATHLETIC”?ラッセルアスレティックってこんなブランド

1902年のアメリカでベンジャミン・ラッセルによってスタート。1920年代初頭にはスウェットシャツの原型を、1938年にはラバープリントを世界で初めて開発。その後、カレッジロゴのスウェットシャツが普及、プロスポーツとのサプライヤー契約によりラッセルのウェアを全米に根付かせた。

ヴィンテージ感のあるふっくらとした風合いのボディに、トレンドのタイダイ染めを施したスウェットシャツ。肩幅や身幅を微調整したややリラックス感のあるフィットは、袖を通せばわかる納得のシルエット。同ブランドのスウェットシリーズは他に、ポップな配色のカレッジ風プリントなどユニセックスで楽しめるデザインを豊富に展開。

“RUSSELL ATHLETIC” PICK UP ITEMS

pagetop