WARDER/ワーダー

wardrobeは“warder”と“robe”の掛け合わせで出来た言葉。
“warder”は番人、“robe”は丈の長いゆったりとした外衣の意で、衣装部屋を指す言葉として誕生し、その語源から、末長く着られる服を目指してWARDERと名づけられました。
表からは見えない裏の仕様にも徹底的にこだわり、肌触りの良い素材を厳選し、開発することで愛着が持てるプロダクトを展開します。

pagetop